ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キタイ
★★★☆☆
著者:吉来駿作 出版社:幻冬社
定価:1680円 出版年月:2006年1月 ボリューム:317P

8人の高校生は、
死んだ仲間・葛西を甦らせようと死者復活の儀式・キタイを行う。
それから18年、復活を遂げた葛西はキタイの秘密を知る仲間を殺し、
永遠の命を得ようとするが…。
死者による、時を超えた惨劇が始まる。
(amazon.co.jpより)


あいつは、キタイの洞窟に○○○を置いていった。
達磨が言った通りにな。それを俺たちが食ったんだ。


死者が甦る。
未来永劫の命、手に入れる禁断の法キタイ。
禁忌を犯した高校生を襲う惨劇・・・
ネズミ、虫を生きたまま貪りくう「ゴリ」、
無数のトカゲの幻影に怯え引きこもる「ハル」、
幽霊につきまとわれ、見えない声に怯え続ける「フカチ」
夜毎快楽に襲われ続ける「将軍」、
「オカチ」、「タカシ」、「洋子」・・・
キタイにより人生を狂わされ、
生きながらにして地獄に落ちた高校生たち。

そして、死んだはずの、生きかえらなかったはずの
あの男が18年ぶりに帰ってきた・・・
幕を開ける惨劇。

18年前の出来事と現在を巧みに繋ぎ合わせるストーリーテリング。
そして、抜群の発想力。
冒頭から想像もつかないような展開、
得体の知れないパワーすら感じさせます。
そして登場するアイテムも有り得ないくらいユニーク、
煬帝、達磨、遼・・・ 中世中国と現代を結ぶ地獄の連鎖。
頭の中、どうなってるんだろ。

これは次回作にキタイの新星です!!!

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:今日のイチオシ☆ - ジャンル:本・雑誌

コメント

アマゾン本通販ブログ!
http://dejital.blog3.fc2.com/

HP宣伝掲示板もあるからきてね><
できれば掲示板に足跡ください~
[2006/05/14 13:41] URL | 右京 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/370-ea32a048
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キタイ/吉来駿作

舐めてかかったら怖かった・・・。キタイの正体は読んでいくうちにわかります。 筋の通った設定だから妙にリアルです。スプラッタあり、恋愛ありのホラーですが青春群像劇の要素もあり。 主人公たちは現在36歳で、キタイの儀式(死人呼び戻し)を行ったのが18歳の時。 死
[2006/05/14 01:25] うつわの器

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。