ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明朝滅亡
★★☆☆☆
著者:湯川裕光 出版社:廣済堂出版
定価:1890円 出版年月:2003年8月 ボリューム:334P

明朝末期、北からの脅威、清の進攻を防ぐ将軍・呉三桂。
しかし、民の反乱に王朝は崩壊し、清の軍門に下るが…。
時代に翻弄されつつも、信念を生き抜く将軍と絶世の美女。
その波乱の人生を綴る壮大な歴史ロマン。
(amazon.co.jpより)


東北からはジュルチンの騎馬軍が、
南方から李自成の反乱軍が迫り来る!
250年以上の長きに渡り中国を支配した専制帝国・明。
その末路のはかなさ・・・
崇禎帝。
明朝最後の皇帝、歴史上に猜疑心の強さをもって知られる男。
即位直後から重臣を次々に誅殺、
挙句の果てには明朝最後の名将袁崇煥まで殺してしまう・・・
自分の手足を自分でもいで、
最後は宦官らに裏切られ、皇宮の裏山で首吊り自殺。
付き従ったのは僅か1名の宦官だけ。

こんな嫋嫋たる王朝滅亡譚、
書き方次第では如何様にも面白くなったはずのテーマ。

何でこんなに中途半端な作品になっちゃったんだろう。
主人公の呉三桂のキャラクターも曖昧、
肝心の王朝滅亡場面に至っては何の脈絡も無いため、
余韻どころか、何が何だか分からないうちに終焉。
エンディングもあんなところで尻切れトンボとはね。

ちょっと残念な作品。
明の滅亡を読みたければ、司馬遼太郎『韃靼疾風録』をどうぞ。

amazon.co.jpでcheck ⇒ 
      
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/371-00de28d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。