ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊次郎とさき(byビートたけし)
評価:★★★★☆
著者:ビートたけし 出版社:新潮社(文庫版あり)
文庫(新潮)⇒定価:340円 出版年月:2001年11月 ボリューム:134P

「おまえなんか、死んじまえ!」
事あるごとに息子を厳しく叱り飛ばし、
強烈な思い出を遺して逝った母。
人一倍照れ屋で小心者、酒なしには話も出来なかった父。
病床の母を見舞う道すがら、
幼き日からの父母との記憶を辿る「SAKI」。
母の通夜後、号泣した著者が溢れんばかりの愛情で綴った
「北野さきさん死去」など、
懐かしく暖かい珠玉の三篇。兄・北野大があとがきを添える。
(amazon.co.jpより)


今は昔の昭和の家族。
知らないボクらにとっては全くのアナザーワールド。







世間へシニカルな目を向けるたけしが、
母さきの手のひらで躍らされる様子が面白い。
家出しようと、仕事を探そうと、全部母親に把握されてしまっている。
そんな母親に反発しながらも、結局かなわない。
さんざん暴れ回ったつもりで、観音様の掌から出れなかった孫悟空のよう。

しらふでは人前にも出られないような父、菊次郎。
酔っ払って参観日のエピソードは爆笑もの。
学もなくて情けない父親に向けるたけしの目のあたたかさが感じられます。

それにしても、食うや食わずのこの時代。
息子を大学院まで行かせるって相当のことでは。
しかもペンキ屋ってあまり収入なさそうだし。
たけしも(中退したけど)大学進学してる。

やっぱり、さきってスゴイ母親なんだと思う。
今はなき昭和の家庭を偲べる本。

☆この作品を紹介しているブログ☆
100円本でイケちゃうかも♪さん
スポンサーサイト

テーマ:ぐっときた本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/38-67d1294d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ビートたけし

ビートたけしビートたけし(本名:北野武(きたの たけし)、1947年1月18日 - )は、東京都足立区梅島出身のテレビ司会者、お笑いタレント、映画監督、俳優、東京芸術大学大学院映像研究科教授(監督領域)、元漫才師(ビートキヨシとともに、ツービート
[2007/05/17 07:19] ちづるの日記

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。