ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電脳猟奇
★☆☆☆☆
著者:友成純一 出版社:ぶんか社
定価:1209円 出版年月:1998年9月 ボリューム:334P

インターネットに、鬼が棲む。
WWWの闇から、蛇が出る!?
電脳世紀末の猟奇犯罪を描く、問答無用の鬼畜ホラー。
(amazon.co.jpより)


まさに問答無用の鬼畜ホラーです・・・
あまりのグロさに途中で読むのを断念。
ボク、結構ホラー好きなんですけど、これはムリ。

少年、少女がレイプされ、体を切り裂かれ、死体をさらにレイプされ・・・
脳味噌ファック、脳味噌ファック!

延々と続くグロい人体解剖シーン。
読んでてわき腹がギューンと痛くなりました。

怖さより、汚さというか気持ち悪さというか・・・

1998年、インターネットがようやく一般化し始めた時代に
その負の側面を明確に描き出したセンスは認めます。
でもね、ここまでエグい本は初めて・・・
普通に発禁処分になっておかしくないレベル。

ちなみにamazonで買えちゃうみたい↓
あまりオススメしませんけど。

amazon.co.jpでcheck ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:ファンタジー・ホラー - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/380-ab68cd53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。