ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイトブリード
★★☆☆☆
著者:友成純一 出版社:角川書店(ホラー文庫)
定価: 出版年月:2000年11月 ボリューム:237P

今から五年前、日本全土を襲った大地震。
誰もが“感じた”地震だったが、不思議なことに何も被害はなかった。
幻覚地震と呼ばれるその地震の後、
今まで目に見えなかったものが、日本各地に出現するようになる。
魔物、妖怪、物の怪などが現実の世界に現れたのだ。
あるものは、徒党を組んで人を襲い、
あるものは、人に憑依して人肉を喰らう。
妖怪と人間の怪異な世界を描く、書き下ろし長篇スプラッター・ホラー。
(amazon.co.jpより)


幻覚地震がもたらしたこの世の地獄。
鬼が暴れ、龍が飛び交う福岡。
日本に明日はあるのか・・・
「幻覚地震」をきっかけに地上に溢れ出した妖怪たち。
次々に巻き起こる惨劇、積み重なる死者の山。
まさに地獄の釜が開いたかのうようなありさま。

妖怪の描写が面白い。
過度にスプラッターなのが気になるけど。

体中にカビをはやす豆腐を差し出す豆腐小僧、
眼球を飛ばし人を襲う手の目、
切れ味鋭いかまいたち、
50メートル以上の尾で人を絡めとり生き血をすする濡れ女、
そして何と言っても牛鬼。
牛の顔に鬼グモの体、角で人を引き裂き、足で踏み殺す。
しかも牛鬼に覚えられたら逃げ道なし。
どこまでも追いかけてくる執拗さ。
性質の悪さ極まりない妖怪です。
『ゲゲゲの鬼太郎』でも、かなりの強敵だった記憶。

こんな妖怪たちの大量出現に、乱れる人間社会。
暴力的な宗教団体の台頭、機動隊の暴走、
立ち上る九州独立の機運。

第1部完となってますが、2部は出ないまま絶版に。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:ファンタジー・ホラー - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/385-418ea5bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。