FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

夜市
★★★☆☆
著者:恒川光太郎 出版社:角川書店
定価:1260円 出版年月:2005年10月 ボリューム:179P

大学生のいずみは、
高校時代の同級生・裕司から「夜市にいかないか」と誘われた。
裕司に連れられて出かけた岬の森では、妖怪たちがさまざまな品物を売る、この世ならぬ不思議な市場が開かれていた。
夜市では望むものが何でも手に入る。
小学生のころに夜市に迷い込んだ裕司は、
自分の幼い弟と引き換えに「野球の才能」を買ったのだという。
野球部のヒーローとして成長し、甲子園にも出場した裕司だが、
弟を売ったことにずっと罪悪感を抱いていた。
そして今夜、弟を買い戻すために夜市を訪れたというのだが―。
第12回日本ホラー小説大賞受賞作。
(amazon.co.jpより)


いくら文明が進歩しても、永遠になくならない夜の領域。
夜市――
妖怪たちが屋台を出す。商う品も様々。
全てを断ち切る刀、首、子供・・・
そして才能の種。
野球の才能の種と引き換えに弟を売った祐司。
再び夜市を訪れた彼の真の目的とは。

風の古道――
現実世界の地点・地点を繋ぐ時空の抜け道。
旅人がいて、宿があり、現実世界と同様に愛と憎しみが支配する。

描き出されるのは、アナザーワールド。
妖怪(=秩序外、混沌)の世界でありながら(あるがゆえに?)、
厳格なルールに支配されているのが面白い。
夜市の場合は、何かを買わなければ外に出れないこと。
風の古道の場合は、古道で産出されたものは古道に帰属すること。

ふわふわしているようで、例外を許さぬルールが支配する世界。
まるでRPGの世界を見るよう。
こういう形のホラー、ファンタジーもあったのか!
パラダイム・シフトを味わわせてれる1冊。

そして、見る者を魅了する↓の装丁。
夏の夜にぴったりな本。ご賞味あれ。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト



テーマ:今読んでいる本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/389-f8a08ff5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する