ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桶狭間の勇士
★★★★☆
著者:中村彰彦 出版社:文藝春秋(文庫版あり)
文庫(文春)⇒定価:720円 出版年月:2006年7月 ボリューム:399P

桶狭間の戦いで今川義元の首級を挙げた毛利新介と服部小平太。
二人は信長に武功を認められ昇進を果たすが、
その後、新介は織田家の家督を相続した信忠に、
小平太は豊臣秀吉に仕え、別々の道を歩むことになった。
二人の武将を待ち受ける数奇な運命と
信長、秀吉の天下人への道のりを克明に辿った戦国歴史長篇。
(amazon.co.jpより)


400年以上前も、今も変わらぬ宮仕えの苦労。
ましてや上司が信長や秀吉だったら・・・
優秀な人間ほど部下に対する要求水準が高いもの。
きっと、
マッキンゼーやシティ・バンクも真っ青のドラスティックな人事が
繰り広げられていたことでしょう・・・

織田信長を世に出すきっかけとなった桶狭間の合戦。
そこで今川義元を討ち取るのに活躍した毛利新介と服部小平太。
恵まれた体躯を活かし、若年から功名を上げ、
文書の才も見こまれ、信長・信忠の側近として出世する新介。
もともと織田家でも服部家でもアウトサイダー、
退転同然に織田家を出奔、秀吉に仕える道を選んだ小平太。
二人の武者がその後、どのように生き、歴史に消えていったか。

興味深いのは二人とも「ニ世」に仕えている点。
新介は信長の後継者信忠に、小平太は豊臣秀次に。
そして、それぞれそのことがきっかけで運命が転変することに。。。

信長・秀吉の陰で歴史に翻弄されつつ、
必死に生きぬいたサラリーマン二人の人生模様。
是非是非ご堪能あれ。

amazon.co.jpでcheck ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/403-9c0e4aa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。