ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民法Ⅳ 親族・相続
著者:内田貴 出版社:東京大学出版会
定価:3675円 出版年月:2004年3月 ボリューム:552P

2004年4月から施行される人事訴訟法、
および親族法にかかわる民事執行法の改正に
いちはやく対応した内田民法シリーズIVの補訂版。
新法のねらいと、新しくなった家事紛争をめぐる裁判制度を
わかりやすく解説。
家族法の新たなパースペクティブを示す最先端のテキスト。
(amazon.co.jpより)


民法基本書の定番、内田。
その親族・相続。
とりあえず明日は民法Ⅳ(親族・相続)の試験なので。
親族・相続。
認知や婚姻・離婚、養子、遺産分割、遺言・・・
一般に法律、弁護士と聞いて思い浮かべるのはこの分野では。
そのわりには試験での扱いはかなりしょぼい。
論述で聞かれることはほぼ無し、
択一・口述で聞かれるくらい。
だから、熱心に勉強する受験生も多くないそうな。

そんなマイナー分野に光をあてたのが本書。
なんと550ページもの分量を費やし、
判例、事例を引きつつ、親族・相続の論点を網羅的に考察。
専門書としての充実ぶりは他の追随を許しません。
それでいて平易な書きぶりは他の内田シリーズと同じ。

ただ、あまりに分量が多くて読む気にならないのも事実。
ぼくは養子のとこでギブアップ。
シケタイに切り替え、明日の試験。
さて吉と出るのやら凶と出るのやら。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:司法試験・資格試験・語学試験 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/409-9282f592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。