ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パルプ・フィクション(Pulp Fiction)
評価:★★★★☆
監督:クエンティン・タランティーノ 公開年月:1994年
出演:ジョン・トラヴォルタ、サミュエル・L・ジャクソン、
ユマ・サーマンほか

「レザボアドッグス」のQ・タランティーノによる
異色のバイオレンス・アクション。
強盗の計画を立てているカップルを導入部に、
盗まれたトランクを取り戻そうとする二人組のギャング、
ビンセントとジュールス。
ボスの情婦と一晩のデートをするハメになるビンセント。
ボクシングの八百長試合で金を受け取るボクサーのブッチ。
誤って人を殺し血塗れになった車の処理に
右往左往するビンセントとジュールス。
ギャングのボス、マーセルスを軸としたこれらの物語が
ラストに向けて収束していく……。
(amazon.co.jpより)


時系列をいじくると、ここまで面白くなるのか!という映画。
作中に出てくるfuckの頻度にも驚かされるけど。







ブッチやヴィンセントがメインのストーリーも面白いが、
一番印象的なのはジュールス
ギャングのくせにロジカルな思考スタイルと堅固なポリシーをもつ。
演じるのはサミュエル・L・ジャクソン。

彼が決めゼリフにしてた聖書エゼキエル書の解釈を変えていくとこが
一つの見所。

だが、実はこのフレーズ、

聖書には存在しないらしい

千葉真一の映画の広告フレーズからとったそうだ。
タランティーノ、やってくれます。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/41-5f48be55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。