ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラン 哀しみを越えて(by荒山徹)
評価:★★★★☆
著者:荒山徹 出版社:文藝春秋(文庫版あり)
文庫⇒定価:580円 出版年月:2008年6月

秀吉の半島出兵による戦乱の中、両親をなくした朝鮮の少女「たあ」。
しかしその後「たあ」の心の支えとなったのは
日本の武将・三木輝景だった。
輝景へのサラン(=愛)を抱きながら、「たあ」がたどる数奇な運命は―。
愛と憎しみ、そして捨てられぬ「意地」を描いた荒山徹待望の作品集。
(amazon.co.jpより)


サルの貌をした権力者の侵略により、運命の転機を迎えた人々の物語。







と言っても、イラク戦争ではなく朝鮮出兵がテーマ。

秀吉に深い怨みをこめ降倭となったものの、
結局朝鮮社会に同化できないサムライを描いた『何処か是れ他郷』、
日本の血を恥じる息子との冷ややかなやりとりが印象的。

身分制への恨、朝鮮人被虜返還請求から生じる悲劇と、
『柳生薔薇剣』と相通ずるものがある『故郷忘じたく候』。
朝鮮身分社会への復讐のため、
美鳥、空へと舞うエンディング。
凄艶の一語に尽きます。

そして、
山田風太郎へのオマージュ、『サラン 哀しみを越えて』。
自分の指で魔界衆を召喚するあの人へとつながっていきます。
こんな哀しみが隠されてたわけね。

いずれの掌編も秀逸。

ただ、惜しむらくは、『魔風海峡』や『十兵衛両断』に見られた
突飛な展開、エログロ描写はなりを潜めています。
この点は『柳生薔薇剣』と一緒。

次回作(来年になるのかなぁ)は、激しい忍法合戦なんかを期待してます。

⇒ 『十兵衛両断』のレビュー
⇒ 『魔風海峡』のレビュー
⇒ 『柳生雨月抄』のレビュー
⇒ 『柳生薔薇剣』のレビュー
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/42-06086ec1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。