ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒の怨(DARKNESS FALLS)
★★☆☆☆
監督:ジョナサン・リーベスマン 公開年:2003年
出演:チェイニー・クレイ、エマ・コールフィールド、リー・コーミーほか

小さな灯台が建つ港町ダークネス・フォールズ。
かつて、心優しい老女マチルダ・ディクソンが
無実の罪で町の人々に虐殺され、以来、
“トゥース・フェアリー”の別名を持つマチルダの怨念が町をさまよい、
暗闇で彼女を見た者は必ず殺されるという伝説が語り継がれてきた。
ある晩、カイル少年は偶然にもその姿を見てしまう。
果たして彼もマチルダに襲われるが、彼女が光を嫌うことを知り、
明るい浴室へ飛び込んで難を逃れる。
しかし、カイルの母はマチルダに殺され、
カイルは母親殺しの容疑者として施設へ送られてしまう…。
(yahoo!映画より)


Stay in the light!!
来るよ、来るよ。
光が消えると「あれ」が来る。

哀しい魔女伝説に端を発した悲劇の連鎖・・・
光を嫌い、己の姿を見たものを殺すトゥース・フェアリー。

典型的なB級ホラー。
面白いのは、前近代(魔女伝説)と現代(精神病理)のコンバインド。
「病院」、「科学的治療」って現代・合理性の象徴と
「トゥース・フェアリー」、「魔女」って前近代・非合理の象徴。
「暗闇」という普遍で両者をつなぎ、トンデモ物語を成立させる。

ただのモンスター・パニックではなく、
百年以上に及ぶ魔女の呪いを絡めることで物語に奥行きあり。
絶対安全と思われる「あんな場所」が襲撃されるのも面白い。

ただ、あまりに都合良すぎな展開が続くのにはちょっとゲンナリ。
いくらでも暗闇あるのに、主人公は助かり続ける・・・

魔女が自分で近づいて来ておきながら、
「顔を見たな!!!」ってしつこく付け狙うのも??
お前が見せたんだろっ!!
途中からは乳歯そっちのけの無差別殺人に近いかたちに・・・

卑俗な例えをするなら、自分でスカートめくっておいて、
「見られた! 見られた!」と騒ぐお馬鹿な女の子。

肝心の怖さももう一声欲しいとこ。
ちょっぴり物足りなさの残る作品でした。

☆この作品を紹介しているブログ☆
ぬくぬく主婦生活さん
色即是空日記+αさん
えびえびっさん
Subterranean サブタレイニアンさん
りらの感想日記♪さん
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/421-4efcb747
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒の怨 (Darkness Falls)

監督 ジョナサン・リーベスマン 主演 チェイニー・クレイ 2003年 アメリカ映画 85分 ホラー 採点★★ “トゥース・フェアリー(歯の妖精)”ですって。抜けた乳歯を枕元に置いておくと、寝ている間にお金と交換してくれるそうで。かわいいですねぇ。“妖精”っていうことは
[2006/08/27 15:26] Subterranean サブタレイニアン

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。