ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖怪大戦争
★★☆☆☆
監督:三池崇史 公開年:2005年
出演:神木隆之介、宮迫博之、南果歩ほか

10歳の少年タダシは、神社のお祭りで
世界に平和をもたらすといわれる伝説的存在=“麒麟送子”に選ばれ、
日本妖怪たちと力を合わせ、
世界を滅亡させようとする魔人・加藤保憲の悪霊軍団に立ち向かっていく
子供時代にしかできないひと夏の冒険―
ワクワクドキドキ、アクションあり、笑いあり、
そして涙あり感動あり、まさしく痛快無比の大冒険ファンタジー!
主演に今をときめく天才少年・神木隆之介を迎え、
宮迫博之、菅原文太、豊川悦司、栗山千明、
岡村隆史(ナインティンナイン)、阿部サダヲら
豪華競演陣による2005年、夏の大ヒット作!
(amazon.co.jpより)


大人なのか、子供なのか
ターゲットを絞りきれなかったため、中途半端になってしまった映画
「件」の予言で幕を開ける日本妖怪最大のピンチ。
「件」とは、人面牛身、未来を語るという瀬戸内に伝わる怪異。
小松左京、岩井志麻子、宇月原清明らが小説に使ってる通好みの妖怪。
こんなマニアック、スパイスの効いたオープニング、
さぞかしイイ映画なのかと思いきや。。。

「件」や、加藤の設定(ヤマト朝廷に滅ぼされた先住民族?)、
川姫と加藤の絡みなど、複雑・微妙な設定・・・
そして、なぜアギがあんな目に・・・
映画を見た子供たちは???の連続だったのでは。。。

一方で、加藤側のモンスターとの戦い、エンディング、
見てる側が恥ずかしくなるようなシーン・・・
子供たちにはウケルのかも知れないけど。。。
しかも最後はアズキ1粒。。。

文句ナシに秀逸だったのは、タダシ成人後のエピローグ。
「麒麟送子」に選ばれたタダシにすら、妖怪が見えなくなってしまう
人として生きることで消えていく純真、
存在自体が追い詰められている妖怪の切なさ、
ちょっとグッときちゃうシーンです。

ここだけは見る価値があったと思った場面。
なのに・・・
テレビ放映時はカットされてました(笑) なんのこっちゃ。
スポンサーサイト

テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/423-337cea72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。