ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

影風魔ハヤセ(3)(by森田信吾)
★★★★★
著者:森田信吾 出版社:講談社
定価:540円 出版年月:2006年8月

さらば、戦国時代。1人の忍者(しのび)が歴史を創る・・・
もともとは、ひとりの忍者(しのび)。これより、歴史の表舞台へ!!
影風魔vs.山王(さんのう)忍者軍の死闘は激しさを増し、
ついに、ハヤセと山王の頂上決戦の時が迫る!!
それと同時に、
一人の忍者ではなく“将”として動きはじめたハヤセの思惑により、
天下をほぼ手中に収めた秀吉を倒すべく、
家康、光秀、そして信長らが鬨の声を上げる。
戦国の世を終わらせ、新たな歴史を創る。
影の世界で生きる男が、
大いなるビジョンを持ち、今飛躍の時を迎える・・・
『影風魔ハヤセ』堂々完結!!
(amazon.co.jpより)


こいつはすげぇ!!
戦国マンガの金字塔だ!!!
4月に満喫で何気に手に取った1巻、2巻、
読むうちにあっという間に作品の世界に引きずりこまれて行きました。
(⇒1・2巻のレビューへ)

本能寺の変、山崎の合戦・・・
何度と無く小説、マンガで読んだ場面。
織田信長、豊臣秀吉、明智光秀、滝川一益・・・
本の中でもゲームの中でもお馴染みの人物。
親の生年は出てこなくても信長の生没年はすぐに出てきます。

そんな最早新鮮味のなくなってしまった題材を森田流に見事に再構成!
影風魔って無茶苦茶な連中を出す事で、歴史のナベを攪拌、
これまで味わった事の無いような美味をもたらしてくれました。

本作では、ハヤセの将としての活躍がメイン。
信長の血を受け継ぐ者として、平和を願う者として、
本能寺の変により混乱に陥った織豊政権を安定に導きます。

予想外の展開、ありえない事件の連続、
それでいて我々が知る元の歴史へ収斂して行く。
しかも、本能寺の変の黒幕は○○、天海僧正の正体は△△って
著名な歴史上の疑惑を盛りこみつつ。
この構想力、ストーリーテリングはハンパじゃありません。
『セン○ク』なんて足元にも及びつかない面白さ、躍動感。

わずか3巻で終わってしまったのがホントに残念。
ストーリーは見事に完結しているのですが、
きっと「つまらない打ち切りマンガ」という先入観をもたれ、
満喫や本屋の隅に埋もれて行ってしまうことでしょう。。。
せめて10巻続いていれば・・・

ただ、誰が忘れても、ボクだけは、このyoshiだけは
影風魔ハヤセこそ
史上最高の歴史マンガであったことを記憶に刻み続けます!!!

amazon.co.jpでcheck ⇒ 

☆この作品を作品を紹介しているブログ☆
時代伝奇夢中道 主水血笑録さん
スポンサーサイト

テーマ:今日のイチオシ☆ - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/428-f152a60f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。