FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

劫尽童女(by恩田陸)
★★☆☆☆
著者:恩田陸 出版社:光文社(文庫版あり)
文庫(光文社)⇒定価:620円 出版年月:2005年4月 ボリューム:352P

父・伊勢崎博士の手で容易ならぬ超能力を与えられた少女・遥。
彼ら親子は、属していた秘密組織「ZOO」から逃亡していた。
そして、七年を経て、組織の追っ手により
再び戦いの中へ身を投じることに! 
激闘で父を失った遥は、
やはり特殊能力を持つ犬・アレキサンダーと孤児院に身を潜めるが―。
殺戮、数奇な運命、成長する少女。
彼女の行く手に待つのは何か?
(amazon.co.jpより)


話題の恩田陸。
恥ずかしながら未読の作家。
試しに読んでは見たけれど・・・
なんじゃこりゃ!!!

ライトノベルの域を出ないストーリー、
ペンダタゴンの陰謀のせいにすれば何でも許されるのか。
よく分からないキャラクター、
少女の成長が物語の核心のはずなのにそこも伝わらず。
父親の博士は何がしたくて、何が不満でZOOを抜けたんだろ。
そして、中途半端なエンディング。

2、3巻で打ち切られるダメマンガみたい・・・

ただ、
人類の運命を左右しかねない能力をもった少女、
秘密組織ZOOってのはかなり面白い設定だし、
追跡者たちとの戦いは迫力十分。

再構成を重ねれば、かなり魅力的な作品になったはずなのに。
恩田陸=いい加減な作家、の先入観を抱いてしまいそうです。。。
ただ、アマゾンのレビューから察するに、
この作品が恩田作品の底のラインらしいので、
次は『月の裏側』を読んでみようっと。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト



テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/433-ef2c5175
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する