ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュヴァリエⅠ(by冲方丁・夢路キリコ)
★★☆☆☆
著者:冲方丁・夢路キリコ 出版社:講談社
定価:560円 出版年月:2005年10月

冲方の舌(かたり)と夢路の筆(ペン)が筆舌に尽くせぬ魔を魅せる!!

詩に終止符(ピリオド)はない
あるのは言葉の死か 詩人の死だけ
時は革命前夜の巴里(パリ)。
敵は詩人、
虚々実々の新・神秘的韻文詩集(ネオ・ミステリクス・ファブリオー)!!
(講談社HPより)


『ピルグリム・イェーガー』の冲方丁原作、
ルイ15世が統治するパリ、
女性の血で無常を語る異形の詩人たち。
彼らと戦う王の秘密工作員、デオン・ド・ボーモン。
本書のポイントは、主人公ボーモンの設定。
過去に姉を喪った経験からか、極度のシスターコンプレックスからか
戦闘時には女装するんですよ。
で、神がかり的になって、フェンシングさばきで化け物詩人を撃破。

普段はダメダメの巡査、
ひとたび犯人と対峙すれば女装の美剣士。
パットまで入れているのか、胸がしっかり膨らんでいるのに注目 笑
美青年だから救いがあるものの、完全な変態っす。

第1巻では、物語の全体像はまるで見えてきません。
詩人とは何なのか?
なぜ化け物になるのか?
事件に絡む秘密の言葉PALMSSの意味とは?

今後は、
フランス革命の予感なんてのを滲ませながら、
詩人たちとの戦いを描いていくのかな。

読んだ後に思い出したんですが、
15世紀のフランス、
女装の外交官がロシアの女帝エカチェリーナ宮廷に潜入するという
『仮想の騎士』(斉藤直子)って本が昔ありました。
同じモチーフなのかしらん。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:まんが - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/434-a0f45aab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。