ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜刀の神つかい(10)(by奥瀬サキ・志水アキ)
★★★★☆
著者:奥瀬サキ・志水アキ 出版社:幻冬社
定価:620円 出版年月:2006年8月

最愛の菊璃との再会・・・
それは夕輔と菊璃、お互いの死力を尽くした戦いのはじまりでもあった。
第4章クライマックス!
(amazon.co.jpより)
また・・・私を待たせるの?
2年も放っておいて・・・
夕助と菊璃・・・
二人の死闘はひとつの決着をみる。
そして生きのびたものには託された約束があった・・・
(帯より)


日本版ヴァンパイア、夜刀の神たちとの戦い。
いよいよ最終章へ。
古来より人間の血をすすることで生き長らえてきた夜刀の神たち。
200年の眠りからさめた指導者・砌の暴走により人間との全面戦争に突入。

人間側も警察の特殊部隊、自衛隊を投入、
内閣官房が指揮をとる形になっているよう。
「首領を狩る!」とばかりに首相官邸へ突入する砌。
警察は、自衛隊は、国のトップを守り切れるのか。

そんな大きな流れとは別に、
自らの全てであった菊璃と再会を得た主人公・夕介。
夜刀の神となった彼女に言葉は届かず戦いに・・・

凄まじい菊璃の勢いに次々に倒れていく抜刀警官たち。
戦いの行方は・・・

そして、10巻ではハセの戦いも完結。
愛するカジを奪われ夕介を執拗に付け狙った彼にも安眠の時が訪れます。
合掌。

拡大し激しさを増していく戦いの渦。
国家まで巻き込むに至ったその渦の中心には夕介。
望むと望まざるに関わらず、
彼が意識してこなかった「国」、「社会」を背負う事に。
もはや人であることが例外であるという登場人物の顔ぶれ。
人間も夜刀の神もいっしょくたに巻きこみながら、後少しで終息の模様。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ 8巻のレビュー
⇒ 9巻のレビュー

☆この作品を紹介しているブログ☆
開店休業さん
Lエルトセヴン7 第2ステージさん
スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/440-f77c7616
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。