ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘剣 花車(by戸部新十郎)
評価:★★★★☆
著者:戸部新十郎 出版社:新潮社(文庫版あり)
文庫(新潮)⇒定価:500円 出版年月:1998年8月 ボリューム:315P

「兵法数奇」豊臣秀次は、
散りしきる桜樹の下で二人の名人から聞き知った、
死の秘太刀"花車"のことが忘れられない。
折柄、養父秀吉との仲は刻々悠揚ならざるものがある。
至極に達した使い手はただ一人、
「花に埋もれて死ぬる」を趣意とする"花車"とはいかなる剣なのか―
表題作のほか、「栴檀」「仏手」「逆髪」など、
剣の道に憑かれた男たちの生きざま死にざまを、
痛快に描く剣豪小説十編。
(amazon.co.jpより)


使うのは最期のとき。
自らの命で花を咲かせる秘剣「花車」。

桜を見ると、ついつい滝の音がしないか、耳を澄ましてしまいます。







淡々とした語り口が味わい深い剣豪小説集。

剣に魅せられ、
悟りに似た境地に達した者、あるいは妄執の鬼と化した者、
登場する剣客が魅力的。
一つの道に没念するあまり、こそぎ落とされていくhumanity。
人間の一つの極地がここにあります。

そして、刹那の攻防。
言葉は少ないですが、りありてぃは十分。

この人が描く景色も美しい。
越前の深山幽谷、桜舞い落ちる高野山。

滝のように落ちる桜花に血が舞うエンディング(表題作)は圧巻。
まさに花に埋もれて死ぬる様です。

⇒ 『秘剣 水鏡』のレビュー
⇒ 『秘剣 龍牙』のレビュー
⇒ 『北辰の旗』のレビュー
⇒ 『松永弾正』のレビュー
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/45-7800a35b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。