FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

開陽丸、北へ―徳川海軍の興亡(by安部龍太郎)
★★★☆☆
著者:安部龍太郎 出版社:朝日新聞社(文庫版あり)
文庫(講談社)⇒定価:730円 出版年月:2002年12月 ボリューム:329P

榎本武揚率いる徳川艦隊、決死の海戦

徳川幕府の最新鋭にして最強の軍艦=開陽丸。
艦長の沢太郎左衛門は、嵐を突いて北へ向かった。
薩摩、長州の両藩が主流の新政府軍に抗戦する
奥羽越列藩同盟を救援するためだ。
徳川艦隊を率いる盟友の榎本武揚を支え、死闘を繰りひろげる。
戊辰戦争を背景に明治維新の“闇と光”を問い直す海洋歴史長篇小説。
(amazon.co.jpより)


明治維新が失敗に終わっていたら?
函館戦争で五稜郭が落ちなかったら?
明治維新の闇を浮き彫りにしつつ、歴史のifを問いかけます。
本書の主人公は、沢太郎左衛門。
下級御家人の出身ながら、剣も頭脳も抜群。
海軍の新鋭軍人として、幕府の立て直しにがんばった人らしいです。

そしてタイトルにもあるように、もう一つの主人公が開陽丸。
オランダで進水した世界最新鋭の軍艦。
搭載したクルップ砲の威力は脅威的です。

そんな優れた人も武器もありながら、なぜ幕府は破れたのか。
時勢が既に幕府を離れていたから という他ありません。
本書が取り上げるのは、そんな時勢を最後まで読めなかった人たち。
ただ、彼らには彼らの思いが、信念が、
守らなければならない価値観があったのです。

太郎左衛門と富子の悲恋譚、
もう少し早く明らかになれば薩長を朝敵になしえたであろう陰謀・・・
なかなかに読ませる仕立てになっています。
ただ、残念なのは、エンディングがちょっと中途半端なこと。
開陽丸が主人公なのは分かりますが、
その沈没で物語の幕を閉じなくても・・・
戊辰戦争終結までは描いて欲しかったな。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト



テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/453-2fe2c296
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【軍事】台湾海軍が中国との有事の際の制空権争いに備え、防空能力が高い米製「キッド級」駆逐艦2隻を追加配備

★台湾、米製駆逐艦2隻を追加配備 【台北=山田周平】台湾海軍は2日、東部の蘇澳港で米国から購入した「キッド級」駆逐艦2隻の就役式典を開いた。昨年12月に配備済みの2隻と合わせ、予定していたキッド級の4
[2006/11/03 09:25] 2ちゃんにゅーす

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する