FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ヒストリエ3(by岩明均)
★★★☆☆
著者:岩明均 出版社:講談社
定価:560円 出版年月:2005年11月

トラキアの自由の民が奴隷に変わり、
船に積まれる町カルディア。
自由と屈従の境目にあるこの町は、
同時にアジアとヨーロッパの境目に存在した。
そんなカルディア出身書記官が、
ギリシャ世界の主流とは多少違う価値観を持っていたとしても、
そう不思議ではあるまい。
(表紙裏より)


2巻で大きな転変を迎えたエウメネスの人生、
3巻ではさらに予想だにしない方向へと、人生の舵が切られていきます。
父ヒエロニュモスを失い、
スキタイ出身という自らの出自を知らされるエウメネス。
名家の子としてチヤホヤしてくれた周囲は手のひらを返します。

徹底してるなぁと思わせたのは、エウメネスが思いを寄せてた女の子。
一緒に買い物をしたり、エウメネスに思わせぶりことを言ったり、
2巻まではいい感じでした。
ところが!
奴隷である事を知ったとたん
旅立つエウメネスの見送りにも行かない始末。
著者が抱く人間への不信を垣間見る一瞬です。

奴隷として、ゼラルコスに売られ、カルディアを出航するエウメネス。
しかし、その船中で奴隷達の反乱が起こり・・・

ついこの間まではカルディアで何不自由の無い暮らし。
今や身も知らぬ村で何人か分からぬ者たちに施しを受ける日々。
久しぶりに手に入れたかに見えた平穏にも、
きな臭い陰謀と戦いの気配が忍び寄ります。

人生の無常を伝えてくれる第3巻でした。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト



テーマ:漫画 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/456-78a82027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する