ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硫黄島からの手紙
★★★☆☆
監督:クリント・イーストウッド 公開年月:2006年12月
出演:渡辺謙、ニ宮和也、伊原剛志、中村獅童、裕木奈江ほか

一日でも長く。
61年の時を超えて届く男たちの想い。

2006年、硫黄島。
地中から発見された数百通もの手紙。
それは、
61年前、この島で戦った男たちが、家族に宛てて書き残したものだった。
届くことのなかった手紙に、彼らは何を託したのか。

戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、
ひとりの指揮官が硫黄島に降り立った。
陸軍中将、栗林忠道(渡辺謙)。
アメリカ留学の経験を持ち、
それゆえにアメリカとの戦いの厳しさを誰よりも知り尽くしていた男。
本土防衛の最後の砦とも言うべき硫黄島の命運は、この男に託された・・・
(goo映画より)


今年一発目の映画、正月三日の新宿で戦時に思いを馳せました。
うーーーむ、なんとも難しい映画。
切り捨てることもできず、手放しに誉めもできず。
以下、悪かった点、良かった点を書いてみます。

◎良かった点
渡辺謙、
エリートでありながら闊達さを失わない将軍を見事に演じてました。

迫力の塹壕戦、投降しても殺されてしまう日本兵・・・
言葉にしてしまえば陳腐ですが、戦争の悲惨が伝わってきました。
僕のような軟弱者は塹壕で精神的に追い詰められ、
フラフラとさまよい出たところをズドンで終わりかな。

×悪かった点
中村獅童、
彼の演じる伊藤中尉が意味不明な位置付け。
あんな役ならもうちょっと軽い俳優でも良かったような。。。

ニ宮和也、
妻がいる役なら、もう少し年上の俳優が良かったような。。。

「手紙」もイマイチ活かしきれてなかったような。。。

まぁ、何とも言えない映画です。。。
扱っている題材が題材なだけに切って捨てるわけにも行かず。
1人で見に来ていたお爺さんが
3人も4人も途中で席を立って帰って行きました。
彼らの体験とは整合しないような描写もあったのでしょう。
伊藤中尉が部下に見捨てられる場面かな。

あーぁ、正月だし、007でも見て楽しみゃ良かった。
スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/466-c8b5c929
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。