ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わくらば日記(by朱川湊人)
★★★☆☆
著者:朱川湊人 出版社:角川書店
定価:1470円 出版年月:2005年12月 ボリューム:285P

昭和三〇年代。
当時私は東京の下町で母さまと姉さまと三人、
貧しいながらも仲むつまじく過ごしておりました。
姉さまは、抜けるように色が白く病弱で、
私とは似ても似つかぬほど美しい人でしたが、
私たちは、それは仲の良い姉妹でした。
ただ、姉さまには普通の人とは違う力があったのです。
それは、人であれ、物であれ、
それらの記憶を読み取ってしまう力でした…。
小さな町を揺るがすひき逃げ事件、
女子高生殺人事件、知り合いの逮捕騒動…
不思議な能力を持つ少女が浮かび上がらせる事件の真相や、
悲喜こもごもの人間模様。
現代人がいつの間にか忘れてしまった大切な何かが心に届く、
心温まる連作短編集。
(amazon.co.jpより)


バブルな昭和、戦の昭和、モダンな昭和・・・
色んな昭和はあったけど、こんなノスタルジックな昭和ははじめて。
お化け煙突、小塚原のコツ通り、「若いおまわりさん」・・・
古き昭和を想起させるアイテムの数々。

その人がかつて体験したことを見てしまう能力をもった姉、
姉への憧れ、愛情豊かに物語を紡ぐ妹。
彼女たちを見守る母、友人、警察官ら。

高度経済成長を迎えた日本、グングングングンと日々伸びて行く大木。
豊かになっていく社会の中でも、
物理的な貧しさ、精神的貧しさから逃れられない人々。
そんな社会のわくらばたちと出逢い、能力ゆえに姉が見てしまう「真実」。

能力を使えば自らが受けるダメージを知りつつ、
あえて真実に迫ろうという姉。
汚いものも哀しいものもありのままに見えてしまう。

全5篇中、
心に残ったのは『流星のまたたき』、『追憶の虹』、『春の悪魔』。
幸せな時間は唐突に終わりを告げる。
そのとき、弱い立場にある者たちが見せる心の優しさ。
ひねくれ者の僕にもまっすぐ届いてきました。

そして、ラスト1行の見事。
じっくりと進んできたストーリーを絶妙に締めくくる一言です。
今後の作品に期待大の作家。

☆この作品を紹介しているブログ☆
本読み日記さん
毒か薬さん
さ・え・らさん

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/470-b1ef20ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

わくらば日記

わくらば日記朱川 湊人 (2005/12)角川書店この商品の詳細を見る昭和30年代の東京の下町、貧しい暮らしだが母さまと病弱で美しい姉さま鈴音と3人で暮らす和歌子。姉さまには不思議な力を持っていた。人であれ、物であれ、そ
[2007/02/12 23:59] 本読み日記

わくらば日記[朱川湊人]

わくらば日記 \1,400 株式会社 ビーケーワン 和歌子にはとてもきれいな姉様がいるのです。 色白で目はパッチリとしていてまるで西洋人形のよう。他の人と違うのは容貌だけではなく、姉様には不思議な力があったのでした……。 昭和中期の高度経済成長期に起こった事
[2007/02/19 10:26] 毒か薬。

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。