ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惡忍(by海道龍一朗)
★★★☆☆
著者:海道龍一朗 出版社:双葉社
定価:1890円 出版年月:2006年6月 ボリューム:428P

肩固めで相手の軟骨を砕き、水遁の術で滝壺から脱出する。
縮地の術で垂直にそそり立つ大木を駆け上がり、
呑牛の術で牛一頭を丸呑みにする。
越前・浅倉義景を誑かし、
越後・長尾景虎(上杉謙信)に勝負を挑むその漢は、
泣く子も黙る、“飛び加藤”!
―圧倒的文圧で、
伝説の忍者・加藤段蔵の活躍を描く戦国ピカレスク・ロマン。堂々見参。
(amazon.co.jpより)


飛び加藤
司馬遼太郎も短編を書いた、凄腕の忍び。
謙信、信玄を手玉にとった悪辣な漢と伝えられます。
甲賀の中忍の家に生まれながら、
己の技量ゆえに里を追われる身に。
流れ着いた伊賀においても、身寄りを失い、天蓋孤独の飛び加藤。

生きてきた道筋ゆえか、忍びの中の忍びたるゆえか、
弱みにつけこみ、他人を徹底的に利用し尽くす極悪非道。
そして彼を支配し続けるニヒリズム。
なかなか魅力的な人物造型。

手玉にとられてしまう本願寺や朝倉、上杉の面々もいい味を出してます。

そして彼を追い掛け回すくのいち弁天姉妹。
姉のお六は毒蜘蛛、妹のお七は火吹き蜘蛛。
憎めない陽忍黒狛の座無左など、脇役陣充実。

そして千賀地服部の兄弟達との死闘の末明らかになる、
飛び加藤の秘密。
知られたら最後、知った者を何としてでも殺さねばならない奥義の秘密。
まさか、こんな大どんでん返しが用意されているとは。。。

騙し騙されの忍術合戦、十分堪能しました。
本当に悪いやつは・・・ 的なエンディングにはちょっぴり不満も、
伏線いっぱいの続編に乞うご期待!ってとこでしょうか。

☆この作品を紹介しているブログ☆
Libro,Musica,Planta Ver2.1さん
死生命あり、富貴天に在り。さん



amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/471-4421cfea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。