ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花まんま(by朱川湊人)
★★★★☆
著者:朱川湊人 出版社:文藝春秋
定価:1650円 出版年月:2005年4月 ボリューム:264P

小さな妹がある日突然、
誰かの生まれ変わりだと言い出したとしたら――
大阪の路地裏を舞台に、失われてしまった懐かしさを描く作品集。
表題作のほか、
「トカビの夜」「妖精生物」「摩訶不思議」など全6篇を収める。
(amazon.co.jpより)


不思議でちょっぴり哀しい。
センチメンタル・ホラーの名手、真骨頂の短編集です。
表題作『花まんま』
ある日突然、習っていない漢字を書き、
知るはずもない町を語り出した妹。
誰かの生まれ変わりかもしれない。
半信半疑のまま、町を訪れた彼女と兄が体験する神秘。

「花まんま」ってそういうことだったのか。
うーーん、予想外。

路地で売りつけられた奇怪な生物を育てる少女、『妖精生物』
手に乗せると頭を貫くような快楽の爆発。
ニコニコマークで女の喜びを教える怪物の正体は・・・
「禁忌」を破った少女が味わう結末、ラスト1行が見事です。

魂と肉体を切り離すマジックワードを囁く『送りん婆』
因業で哀しくて、それでもちょっぴり間抜けで哀しい。
これぞ朱川湊人って作品です。

『都市伝説セピア』を読んだときは、正直・・・。
不遜にも、この作家が直木賞か、と思ってしまったものです。
あにはからず、秀逸な短編集。
もう1冊読んでみたくなってしまいました。
次は『さよならの空』かな。

☆この作品を紹介しているブログ☆
読むなび!(裏)さん

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/472-c92879d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。