FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

信長-あるいは戴冠せるアンドロギュヌス(by宇月原晴明)
★★★★★
著者:宇月原晴明 出版社:新潮社(文庫版あり)
文庫(新潮)⇒定価:620円 出版年月:2002年9月 ボリューム:432P

1930年、ベルリン滞在中のアントナン・アルトーの前に現れた
日本人・総見寺が語った奇妙な話―
ローマ皇帝ヘリオガバルスと織田信長はともに、
古代シリアに発生した暗黒の太陽神の申し子である。
そして両性具有であった、と。
興味を持ったアルトーが執筆した草稿には、知られざる信長が立ち現れる。
伝記・伝承に散らばる謎を次々に明らかにし、
洋の東西、時空を超えてダイナミックに描いた伝奇小説!
第11回日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作。
(amazon.co.jpより)


信長公、ふたなり也。
歴史の秘事、明かす総見寺の狙いや如何に。
周囲に蓄積する夥しい死、
髑髏をハクダミにされた朝倉義景、浅井父子、
設楽が原に炸裂する火薬と血の華、
安土の天守閣や京都御馬揃など、際立つ美意識。

信長とは、一つの破壊的なmovementではなかったか。

その信長を著者風に再構築したのが本書。
正真の狂人ヘーリオガバルスとのアナロジー、
至るところに練金の知識、異端や民間信仰のエッセンス溢れ、
まさに奇っ怪。

雪斎や信玄、謙信の呪殺、黙示録を模した根切にも圧倒されたけど、
長篠合戦はもはやスペクタクル

ただ、内容はかなりぶっ飛んでいるので、
歴史小説ではなくファンタジー小説として味わって欲しい。

信長を巡る怪奇は、聚楽 太閤の錬金窟でクライマックスを迎えることに・・・

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 



⇒ 他のルポ登録記事へ。
スポンサーサイト



テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2005/11/07 19:36] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/48-4c5efe04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する