ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

崑央の女王(by朝松健)
★★★★☆
著者:朝松健 出版社:角川書店(文庫版あり)
文庫(角川ホラー)⇒定価?円 出版年月:1993年12月 ボリューム:334P

分子生物学者・森下杏里は、
地上60階を誇るハイテクビル、
通称リヴァイアサンの塔へ出向を命じられた。
紀元前1400年古代中国は殷王朝の遺跡から出土した、
完璧なミイラの研究のためであった。
そこで杏里は研究には似つかわしくない厳重な警備の中、
不気味な実験を強要される。
そして、研究が進むにつれ次々と発生する不思議な現象。
杏里はついに実験の真の目的を知るが…。
(文庫裏表紙より)


どんなに科学が進歩しても、決して開けてはならぬ魔界への扉。
生前の美しさを保った、ン千前の少女のミイラ。
その美貌に仕掛けられた「旧支配者」の罠・・・
『東山殿御庭』がオモシロかったので、
読んでみた。

この作品もなかなかのでき。
『東山~』とは異なり、現代日本が舞台。
中国東北部で掘り起こされた美少女のミイラ、
そのDNA配列を解析するうちに明かになる恐怖のメッセージ、
黒き死を与えよ
満人も漢人も蒙古人も知っている・・・
日本人だけが知らない地獄の民の伝承。


主人公・森下杏里が襲われる奇妙な夢。
終戦間近の満州で、「丸太」の収容所で体験する恐怖の出来事。
実際に体験したのは誰だったのか、
そこで見た「バケモノ」は何だったのか。

巧く出来た設定に加え、
ガクガクブルブル、食欲を無くすようなスプラッタ描写。
いやぁーーー、遺伝子をいじくって「あんなもの」を作るとは・・・

そして、読者を絶望の顎に放り出すエンディング。
恐怖は、そう、始まったばかりなのです。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/482-e3c2a04c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。