ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一休暗夜行(by朝松健)
★★★☆☆
著者:朝松健 出版社:光文社(文庫版あり)
文庫(光文)⇒定価:?円 出版年月:2001年1月 ボリューム:365P

ほしみるを探し焼き尽くせ――
謎の言葉を遺し足利義満は死去した。
放置すれば天下を逆しまにするというほしみるの正体、その在り処は?
かくして四代将軍・義持が、
母親を人質にしてまで、その探索に遣わしたのは……
誰あろう、主人公・一休宗純。
だが、さまざまな怪異、苦難が、一休の前途を阻むのであった! ――
面白さ比類無し。朝松健の自信作!!


室町幕府最盛期を築いた三代将軍義満、
神を越えた魔王がその存在に恐怖し続けた「ほしみる」。
探索を命ぜられたのは、鉄人坊主・一休宗純。
世に出れば、幕府はおろか日本の存続を危うくする「ほしみる」。
その正体、恐るべき破壊力こそ、この物語のコア。

何だそんなものかと思うオチかもしれませんが、
内憂(南朝残党、強大な守護ら)外患(明、南蛮)を考えれば、
あんなものが世に出れば「天地が逆しま」になったかもしれません。

そして、「ほしみる」と一休の不思議な因縁。
彼の出生の秘密の糸もほぐされていきます。

自らのルーツ、日本国を揺るがす秘事の探索に当たる一休を邪魔するのは、
邪宗門・立川流の面々。
電動ノコギリ?やテレコキシネスなど奇怪な術を使う行者たち。
極めつけは、生気を吸って若さを保つバケモノババア。

魅力的な素材をパワフルに調理した、一休冒険譚。
なかなか楽しめます。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:ファンタジー小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/493-f8b4a1f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。