ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かたみ歌(by朱川湊人)
★★★☆☆
著者:朱川湊人 出版社:新潮社
定価:1470円 出版年月:2005年8月 ボリューム:235P

忘れてしまってはいませんか?
あの日、あの場所、あの人の、かけがえのない思い出を。
東京・下町にあるアカシア商店街。
ある時はラーメン屋の前で、またあるときは古本屋の片隅で―。
ちょっと不思議な出来事が、傷ついた人々の心を優しく包んでいく。
懐かしいメロディと共に、ノスタルジックに展開する七つの奇蹟の物語。
(amazon.co.jpより)


僕が生まれる10年以上前。
雰囲気すら感じたことのないはずの、昭和40年代。
それでも迫ってくる「懐かしさ」。
なんなんでしょう。。。
あの世と通じ、今は亡き者が行き来する智覚寺。
懐メロ流れるアカシア商店街。
そんな東京の下町で、
古書屋・幸子書房の店主を狂言廻しに展開する7つの奇妙で切ない物語。

紫陽花のころ
夏の落し文
栞の恋
おんなごころ
ひかり猫
朱鷺色の兆
枯葉の天使

タイガースのサリーに似た、インテリ青年に思いを寄せる少女。
古書店で彼がたち読むランボーの詩集に差し込むメッセージ付の栞。
返ってくる言葉に、高まる心。。。
しかし、彼女が通じていたのは、、、
時を越えた奇跡の物語、「栞の恋」。

そして、狂言廻しの古書店主人を訪れる奇跡。
一人の人間の夢を潰した。
悔い続けた過去に許しは得られるのか。
「枯葉の天使」。

怖くて哀しい。
独特のテイストのホラー。
もはや名人芸と呼べる域では。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

スポンサーサイト

テーマ:オススメ本!! - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/499-3b7fbedf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。