FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

聖餐城(by皆川博子)
★★★★☆
著者:皆川博子 出版社:光文社
定価:2940円 出版年月:2007年4月 ボリューム:739P

虫のいい話だ。
どうして、あんたとその女だけが特別に、
神様から目をかけてもらえるのさ。
兵隊だの娼婦だのの一人一人の運命まで、
神様はご存知じゃないよ。


「馬の胎から生まれた少年」アディと、
宮廷ユダヤ人の息子イシュア・コーヘン。
二人の若者の運命が、果てなき戦乱の中で変転していく。
ドイツ三十年戦争を、傭兵とユダヤ人の目線から描ききった、圧巻の大作!
(帯より)


カトリックとプロテスタントの宗教戦争に、
フランス、スウェーデンの領土的野心が絡み、
30年(1618~1648)の長きにわたり、
戦場となったドイツを焼き尽くした大戦争。
ドイツを支配していた神聖ローマ帝国は衰退、
領内の領邦の主権を大幅に認めることとなり、
講和条約ウェストフェリア条約は
「神聖ローマ帝国の死亡診断書」と呼ばれたとか何とか・・・

ドイツが世界史の主役として再び登場するのは
19世紀のビスマルクの時代・・・
それだけ、この戦争の惨禍が大きかったということでしょう。

戦争あれば、命を落とす者、家を焼かれる者がある一方、
軍隊の中で武勲を重ねる者、莫大な富を築く者があるのも真実。
本書が描くのは、
この大戦争の中、人生を転変させられる若者2人。
そして、彼らを取り巻く人々の運命。

「馬の胎から生まれた少年」アディ
戦場で女商人ザーラに拾われた親無し子。
全くの偶然からイシュアを助け、傭兵隊ローゼンミュラー隊へ。
高潔な武人フロリアンに憧れ、自らも武人として成長して行く。
刑吏の娘ユーディトとの運命の出逢い、
生涯をかけて貫く、愛・・・

ホムンクルス、イシュア
冷静な頭脳、錬金術、カバラの秘儀を修め、
ハプスブルク家に戦費を貸し付け、武器・食糧を提供し、
莫大な資産を築き上げて行く。
そんな彼が夢見る「青銅の首」。
法王シルヴェステルの秘物にして、
あらゆる問いに答える機械の首。
探究の果てにイシュアが辿りつく結論は。。。

イシュアの兄、シムション
弟イシュアとの相克、ハプスブルクを追われ、
オランダ、イギリスへと流れる人生。
ずば抜けた商才をもち、どの地でも商業発展の基礎を築くユダヤの星。
共同出資による会社経営(東インド会社)発展との絡み、
クロムウェルへの支援など、
まさに商才により歴史を動かした人生。

その他、ヴァレンシュタイン、傭兵隊長のダーフィト&フロリアン、
傭兵ハンス、刑吏のユーディト一家など、魅力的な登場人物多数。

まさに歴史スペクタクル。
ここまで調べ上げ、リアルと虚構を融合させた圧巻の大作。

どのみち、神様は不公平なのだ
確かにそうかもしれませんが、
一人一人の運命にきちんと「結末」を用意してくれるところは公平です。

700ページの終わりに待つ、
アディとイシュア、それぞれの夢の結末。
是非是非、見届けてあげてください。

☆この作品を紹介しているブログ☆
おいしい本箱Diaryさん
多趣味が趣味♪さん
読書日記★PNU屋★さん

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト



テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

はじめまして!TBありがとうございます!
yoshiさんのレビューも読ませて頂きました。
いやぁ、私のおバカな感想とは違って・・・。お恥ずかしい限りです(笑)
1600年代の戦争が19世紀まであとを引いてしまうなんて相当領土は焦土と化してしまったんでしょうね・・・。地続きの大陸は特に国同士の陰謀が渦巻いている感じがしますね。

皆川さんのガッツリ読み応えのある、そして幻想的な作品にハマっている今日この頃です。
[2007/06/10 21:20] URL | tomekiti #pYrWfDco [ 編集 ]


こんちは、tomekitiさん
コメント&TB、ありがとうございます!

救いようのない内戦とアディの奮闘、
聖餐城、ホントに読み応えのある作品ですよね。

皆川さんの作品だと、新今川記が記憶に残っています。
今川義元ら5人の兄弟の物語、
これも虚実ない混ぜて独特の世界観を築いてます。
ぜひぜひ読んでみてくださいな。
[2007/06/15 13:41] URL | yoshi #sSHoJftA [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/504-6ec18e27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

皆川博子『聖餐城』

皆川博子『聖餐城』光文社 2007年4月25日発行神聖ローマ帝国で巻き起こるカトリックとプロテスタントの果てのない戦争─ドイツ三十年戦争。“馬の胎から産まれた少年”アディと、宮廷ユダヤ人の息子イシュア・コーヘン、二人の若者の運命が果てなき戦乱の中で変転していく
[2007/06/10 21:07] 多趣味が趣味♪

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する