ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もののふ(by柴田錬三郎)
★★★☆☆
著者:柴田錬三郎 出版社:新潮社(文庫)
定価:605円 出版年月:1998年12月 ボリューム:375P

陰謀、裏切り、卑劣。
戦国期随一の奸雄、斎藤道三の悪辣残酷な血と
その宿運を描く「斎藤道三残虐譚」。
佐助と才蔵、卓越した二人の忍びが天下の再びの争乱を謀った・・・
信長暗殺を大胆な構想で描く「本能寺」。
鎌倉から戦国まで武士たる者の壮絶な一瞬を捉えた
歴史譚集「もののふ」「戦国武士」等、
激動期に生命を賭して美を貫いた男どもの
苛烈極まりない死に様を描く12の傑作。
(amazon.co.jpより)


近衛兵の叛乱・竹橋事件、幕末~明治の仇討ち譚など、
異色の歴史短編ばかり12篇。


源義家、為朝、斉藤実盛、平忠盛ら、
源平時代の武士(もののふ)のありようを描いた「もののふ」。
もののふらの生き様・死に様の凄まじさ。

侍になりたいと足軽になった農民・茂平の悲劇を描く「生命の糧」。
テーマ自体は聞いた事があるようなものですが、
舞台は室町時代前期の信濃。
茂平の妻の悲哀もスパイスとして効いています。

豊臣秀吉、太田道灌、織田信長ら、
戦国武士の逸話を集めた「戦国武士」。

さらに、御子神典膳、徳川家康の逸話を集めた「武士気質」
「もののふ」・「戦国武士」とともに、
爺さんから炬燵で物語を聞くような何とも言えぬ風情漂います。

斉藤道三の成り上がりと最期を描く「斉藤道三残虐譚」。
描かれるのは徹底した極悪非道、冷酷無比。
実は良い人だったみたいなごまかしは一切無し。
むしろ胸のすくピカレスク。

ミステリー仕立てに本能寺の変の謎を解く「本能寺」。
歴史の陰に忍者あり、ですか。

幕末最大の野心家・清河八郎の最期を描く「浪士組始末」。
時代のきな臭さを一身に体現した男の生き様です。

その他、「乱闘高野街道」、「竹橋血闘譚」など、
逸品揃いの短編集。
ご堪能あれ。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 


スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/507-a0a0c8a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。