ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Op.ローズダスト(by福井晴敏)
★★★☆☆
著者:福井晴敏 出版社:文藝春秋
上巻⇒定価:1890円 出版年月:2006年3月 ボリューム:554P
下巻⇒定価:1890円 出版年月:2006年3月 ボリューム:569P

2006年秋、“ネット財閥”アクトグループの役員を狙った連続テロが起こる。
実行犯は入江一功をリーダーとする
「ローズダスト」を名乗る五人グループ。
警視庁の並河警部補は防衛庁情報本部の丹原朋希と捜査にあたるうちに、
朋希と一功の間の深い因縁を知る。
かつて二人は防衛庁の非公開組織「ダイス」に所属し、
従事していた対北朝鮮工作が失敗、
二人が思いを寄せていた少女が死んだ。
朋希を除く生き残った工作員たちはテロリストとなり、
アクトグループ役員となった元上官に復讐しようとしているのだと……。
互いを理解しながら憎しみあう二人の若者と
彼らを取り巻く人間たちの群像劇を通して、
壮大なスケールで描くサスペンス・アクション。
(amazon.co.jpより)


「古い言葉しか知らないからですよ」
「昔・・・知り合いがそう言っていたんです。
いまの日本には古い言葉しかない。
右翼とか左翼とか、タカ派とかハト派とか・・・。
もうそういう分け方じゃ割り切れない時代になっているのに、
結局どちらかに色分けされてしまう。
互いに古い言葉を使って主張しあうばかりで、
問題は問題のまま、解決しないのが伝統になってしまっている。
だから次の一歩を踏み出す”新しい言葉”が生まれてこないんだって。
たまに生まれそうになっても、
根っ子の生えた古い言葉に搦め取られてしまうから・・・」
(本書・上巻 324Pより)

新しい言葉を生み出す。
太平洋戦争の後という意味の「戦後」でも、
冷戦の後という意味の「ポスト冷戦」でもなく、
米ソ対立すら実感のない世代の言葉で、時代を語る。

だいそれた試みです。
実現可能性は殆ど無し。
それでも、その壁にチャレンジした、ローズダストの面々。
防衛庁の官僚らという「古い言葉」の繰り手に捨てられた駒たち。
私怨に満ちた復讐の仮面を被りつつ、
北朝鮮のテロリスト・売国奴という謗りを受けつつ、
彼らがこの国に伝えたかったメッセージとは。

相変わらず骨太、ボリューム満点で読むのが大変な作家。
まぁ、主張には異論もあるでしょうが、
時代を読み解く観点、アプローチの一つではあるのでしょう。

舞台もお台場と臨場感満点。

ただ、気になったのが人物構成のマンネリ。
①人情味溢れる中年(閑職)、
②特殊部隊出身でロボットのような若者(生硬)、
③天使のような少女(能力高い)
って毎度の面々。
どうせ同じなら如月行とか、名前も同じにしちまえばいいのに。

①がおっさんパワーで大活躍、②を人間味に目覚めさせる
③が②に大きな影響を与えているとか、
それぞれの人間関係まで他の作品と類似しているのはやはり頂けない。

練り練ったつもりの論理が「現場の力」に覆されていく、
というプロットまで他の作品との類似を勘ぐって考えてしまう。
お約束が売り、読者を心配させない作家ってことなのかもしれませんね。

お台場は燃えたのか、沈んだのか、ご確認あれ。

amazon.co.jpでcheck ⇒    
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/511-1c7eef9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。