ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘神界-歴史編(by朝松健)
★★☆☆☆
編者:朝松健 出版社:東京創元社(推理文庫)
定価:1365円 出版年月:2002年9月 ボリューム:790P

H・P・ラヴクラフトが創造した
「クトゥルー神話」を二十八人の作家が独自のアプローチで競作。
未曾有のアンソロジーを全二巻でおくる。
各編イラスト付。
《小説》辺拓、井上雅彦、神野オキナ、紀田順一郎、小中千昭、立原透耶、
田中啓文、松尾未来、松殿理央、山田正紀、朝松健
《評論》安田均、米沢嘉博、鷲巣義明《付》書誌・映画資料
(amazon.co.jpより)


ホラー・怪奇小説の旗手らが贈るクトゥルー・アンソロジー。
「歴史編」とは言いつつ、明治・大正期の作品が中心。
室町や戦国ものというわけではありません。
アンソロジーだけあって玉石混交。

面白いなと思ったのは↓の2篇。

「苦思楽西遊博」(by立原透耶)
ご存知西遊記とクトゥルーの融合。
着想の妙もさることながら、
孫悟空、猪八戒、沙悟浄、3者の観点から語る邪神の脅威。
特に、猪八戒の物語。
知らなければよかった、行かなければよかった・・・
その後の人生を後悔と恐怖に染め上げた邪神の都への冒険譚。
一人旅の果てに辿りついた都で待っていたのは・・・

「聖ジェームズ病院」(by朝松健)
これも着想の妙。
事前に佐藤賢一のあの作品を読んでしまっていたため、
エリ~とアルフォ~が出てきた時点でオチは読めてしまいました。
それでも楽しませてくれるだけの腕をもった作家。
1920年代、禁酒法とマフィアの時代。
シカゴの覇権を握ろうとする悪魔のような男・ジンメル。
彼の使いこなす「水魔術」、エリ~らは恋人を救い出すことができるのか。
そして、エンディングに待つ、もう一人の闇の王の誕生。

末尾にクトゥルー関連作品のリストあり。
マンガや映画も網羅してるので、興味ある人には一見の価値あり。

amazon.co.jpでcheck ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:本・雑誌

コメント
コラム掲載サイトから来ました
はじめまして


私は【おとなのコラム】というサイトの運営スタッフです。
ここで、読者の方々からお送りいただくコラムなどの書き物を毎週掲載しています。
そして、楽しい、素敵な文章を書く方を日々探しています。

もし宜しかったらサイトに遊びにきていただけませんか?
お待ちしています。

簡単ですがご挨拶です。
失礼いたしました。

[2007/07/14 09:48] URL | 【おとなのコラム】 #1Nt04ABk [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/516-b450c92c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。