ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

処刑御使(by荒山徹)
★★☆☆☆
著者:荒山徹 出版社:幻冬社
定価:1890円 出版年月:2006年7月 ボリューム:421P

伊藤博文絶体絶命!
その密使は、時空を超えてやってきた
朝鮮を侵略した仇敵を抹殺するために――
韓流も嫌韓流も唸らせる、壮大無比な伝奇時代小説、
ここに誕生。
(amazon.co.jpより)


突如全裸で現れる未来からの処刑人
処刑人(抹殺人)=ターミネーター
あの映画のパロディか。。。
シュワルツェネッガーが訪れたのは、
やがて起こる機械と人間の最終戦争で、
機械軍に対する抵抗軍の指導者ジョン・コナーを抹殺する為。

処刑御使が訪れたのは、
やがて大韓帝国の運命を握る、
大日本帝国の指導者・伊藤博文を抹殺する為。

若芽のうちに摘んでおくという発想。
処刑人から守るための人間が出てくるとこも同じ構造。

前作『柳生雨月抄』で
ベルバラ・キャラやモスラが登場した頃から
あらあら・・・と思ってましたが、時間軸までいじくりだすとは。
しかも、桂小五郎があんなことに・・・

いろいろ無茶な展開をやる割には
『魔風海峡』や『十兵衛両断』ほどのインパクトはなし。

どうせ無茶をやるならオリジナルに暴れ回って欲しいところ。
最近発売された『忍法さだめうつし』に期待というところでしょうか。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:SF小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/519-d47342b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。