ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママレードボーイ(by吉住渉)
★★★★☆
著者:吉住渉  出版社:集英社
完全版(1巻)⇒定価:980円 出版年月:2004年3月

互いの両親の“入れ替わり結婚”のため同居する事になった光希と遊。
顔はいいのに、クールで意地悪。
でも、たまにやさしい・・・
そんなママレードみたいな遊に光希は次第にひかれて・・・
(amazon.co.jpより)


「遊ってママレードみたいだよね。
見た目は甘いのに性格はとっても苦い。」

中高と男子校だったボクに共学への憧れを抱かせた本。
きっかけは『ふしぎ遊戯』同様、テレビ(日曜の朝)だった。

もはや古典といってもいい作品。

互いの両親のスワッピングにより、同居することになった遊と光希。
顔はいいけどひねた性格の遊に反発する光希だったが、
次第にひかれていく。

やっぱ
「遊ってママレードみたいだよね。
見た目は甘いのに性格はとっても苦い。」

のシーンが忘れられません。

アニメはかなり大げさだった気がする。
衝撃の告白の場面で、真っ暗になって地面が割れたりしてたような・・・
いくら何でも、やり過ぎだろ。

エンディングテーマも扇情的
「離さない、離さないよ、もう。連れていってどこかへ。」
って、日曜の朝なのに。

でも、遊、カッコ良かったな。
遊のマネしてちょっとひねくれて振舞ったおかげで、
大学時代は年上のカノジョに恵まれました。

ちなみに完全版は、雑誌掲載時のカラー扉・ページを完全再現、
特典もいろいろだって。
買っちゃおうかな。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:まんが - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/52-33d6f9dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。