ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒストリエ4(by岩明均)
★★★☆☆
著者:岩明均 出版社:講談社
定価:560円 出版年月:2007年7月

比較的限られた区域に、
いくつかの史実の断片が、
あたかもパズルの答えが導き出されるのを
待つかのように配置されていたりする。
しかし偶然と見るほかはない。
歴史の登場人物も記録者たちも誰も、
「仕掛けた」わけなどあろうはずもなく。
(裏表紙)


1年半ぶり4巻。
ボアの村でエウメネスが手に入れた久方ぶりの平穏。
忍び寄る黒い影。
水に恵まれた豊かな村を侵したい、町の権力者の魔手。

無敗を誇るギリシアの歩兵戦術。
守る村側にはロクな武器もありはしない。
ここで輝くのがエウメネスの知恵。

「蛮族」スキタイの血を引きながら思い描くのは、
ギリシア最高の知将、誰よりも狡猾な王オデュッセウス。

そして物語は1巻冒頭へと繋がる。
螺旋階段を一回りというところか。
これから、アレキサンダーらが本格的に登場してくるのか。
アリストテレスはどう絡んでくるのか。

焦らしつつ5巻へ。
また1年以上待たされるのか・・・

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/521-8bb1f44c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。