FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

秘神界-現代編(by朝松健)
★★★☆☆
編者:朝松健 出版社:東京創元社(推理文庫)
定価:1365円 出版年月:2002年9月 ボリューム:797P

現代編には、TVドラマ撮影現場に潜む恐怖に始まり、
ラヴクラフトの生地を覆う影に至る多彩なクトゥルー神話十七編を収める。
《小説》安土萌、荒俣宏、飯野文彦、倉阪鬼一郎、小林泰三、佐野史郎、
柴田よしき、妹尾ゆふ子、竹内義和、田中文雄、友成純一、友野詳、
南條竹則、平山夢明、伏見健二、牧野修、村田基
《評論》霜月蒼、原田実
(amazon.co.jpより)


地の底に潜み、「そのとき」を待つ先支配者たち・・・
クトゥルー物の代表作、『インスマウスの影』・『ダンウィッチの怪』、
それをドラマにしようとする度に起こる怪異を、
佐野史朗が描く「怪奇俳優の手紙」。

ホームレスにまで身を落とした男が転がり込んだ叔母のもと。
都内の高級ホテルで暮らす彼女の富裕のわけとは。
ベタな話なんですが、丁寧な語りと、
脳内に仕掛けられた・・・という展開がツボ。
一見、縁もゆかりもなさそうな老人の訃報が教える絶望の到来、「泥濘」。

格安の家賃で住む事ができた一軒屋。
庭の隅にあるバラックは何のため?
次第におかしくなっていく妻、、、
自宅近辺に集ってくる異形の者たち。。。
主人公がタクシー運転手という設定が巧く使われてます。
平山夢明が描く「或る彼岸の接近」。

信じることが生む神とそんなことにはお構いなしに存在する神、
二つの神の対比が面白い「夢見る神の都」。
ドラゴンヘッド的冒頭、
原因・結果全く説明ないままの神話的バトルがむしろ清清しい、
「暗闇に一直線」などなど。

唸らせる作品ぞろい。
歴史編より面白く読めました。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト



テーマ:ホラー - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/525-9fbc2dd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する