ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥肌口碑(by平山夢明)
★★☆☆☆
著者:平山夢明 出版社:宝島社(文庫版あり)
文庫⇒定価:650円 出版年月:2005年6月 ボリューム:299P

最強の恐怖蒐集家が披露する心霊と狂気の実話群。
仕事から帰宅すると、炬燵の中に知らない男が潜んでいた話。
富士の樹海で、死人の群れと遭遇して神経がおかしくなった話。
イソギンチャクの幼生に寄生され、
気が狂うような痛みと痒みに襲われた話…。
平和な筈のこの町のどこかに、
信じられないほど怖い体験をした人たちがいる。
“鳥肌がたつほど”怖い70の物語、待望の文庫化。
(裏表紙より)


真夏の夜に怪を語る、ベタすぎるほどベタですが。。。
やっぱり怖いものは怖い。
鳥肌が立って、クーラーやアイスでは味わえない涼しさを与えてくれます。
全身をゾゾゾっと走りまわるのは、涼感というよりむしろ寒気ですが。

本書は2部構成。

前半は霊にまつわる話。
どこかで聞いたような話も多かったし、
ホロリとさせる話もあり(本書のテーマからは外れるような)。

ただ、「肝試し」はホント怖い。
おかしちゃいけないタブーってやっぱあるんだな、と。
あと、「夜の声」。
理由付けみたいな部分がなければ、もっと怖かった。

後半は人にまつわる話。
人間不信に陥ること間違いなし。
人が出す食べ物・飲み物、快く頂くことができなくなります。

やはり、「蜂の巣」、「コンタクト」といった、
取り返しのつかない実害が出る話が怖い。
もう泣きたくなるような、それこそ、死にたくなるような・・・

涼しくなること請け合いの怪談本です。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:ホラー - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/526-d4651631
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。