ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女たちは二度遊ぶ(by吉田修一)
★★★☆☆
著者:吉田修一 出版社:角川書店
定価:1470円 出版年月:2006年3月 ボリューム:224P

甘く、時に苦く哀しい、美しい女たち、11人のショートストーリー
ルーズな女、がらっぱちな女、気前のいい女、よく泣く女、
美人なのに、外見とはかけ離れた木造ボロアパートに住む女……
甘く、時に苦く哀しい、美しい女たち、11人のショートストーリー。
気鋭による傑作短篇集。

本当になんにもしない女だった。
炊事、洗濯、掃除はおろか、こちらが注意しないと、
三日も風呂に入らないほどだった―
甘く、ときに苦く哀しい、“日本の美しい女たち”11人の物語。
女の生態と男の心理をリアルに描く、
著者会心のイレブン・ストーリーズ。
(amazon.co.jpより)


十人十色、一人一人個性があるのはあたり前。
そんなことは分かっているのですが、
それでも、男にとって女は不思議。
なぜ?という不思議もありますが、
本書を読んで強く感じるのはどれだけ?ということ。

彼女は「僕」をどれだけ愛しているのか
「僕」の勘違い・無神経にどれだけ堪えられるのか
そして、彼女と「僕」はどれだけ続くのか・・・

もちろん、答えは一人一人違うわけで。

印象に残ったのは、「平日公休の女」。
タイトルも「はぁ!?」な作品。
一人の女との出逢いと別れ、
男と女の思いの量の違いというか、質の違いと言うか。
しかも、二人の終わりに思い至る「僕は彼女を愛していたんだろうか」。
他の収録作品にも共通しますが、
女にスポットを当て、女の「不思議」を取り上げることで、
逆に男の機微を浮かび上がらせる。
この作品の場合は、さしづめ男の「乾燥」とでも言うべきか。。。

陳腐とも思える話に余韻、衝撃を持たせるのはこの作家ならでは。
つまんねーカップルの思い出話?
聞きたくねー! といわず、賞味あれ。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/529-5c4564d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。