ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天使」と「悪魔」がよくわかる本 ミカエル、ルシファーからティアマト、毘沙門天まで(by造事務所)
監修:吉永進一 著者:造事務所 出版社:PHP研究所(文庫)
定価:680円 出版年月:2006年9月

好評ロングセラー、『「世界の神々」がよくわかる本』の第2弾!!
キリスト教やイスラム教では、神は崇高で絶対無比な存在である。
そのため人間と神をつなぐ存在が必要だった。
そこで生まれたのが「天使」である。
また「悪魔」も、もとは「天使」だったものが少なくない。
神に逆らって、天界を追われた天使が姿を変え、
「悪魔」となってしまったケースも結構あるのだ。
本書はそうしたいきさつを踏まえつつ、
西方世界・東方世界の存在する「天使」と「悪魔」200体について、
その横顔を紹介したものである。
「神に似た者」と称され、
悪魔軍団を撃退する天使軍団のリーダーとして天界に君臨するミカエルや、もとは人間ながら神に導かれ天使となり、
「天の書記」に任じられたメタトロン、
神にもっとも近い地位にいた天使だったがゆえに、
神に逆らって天界から追い出され、地獄の主となったルシファー、など、
面白エピソード満載の本。
文庫書き下ろし。
(amazon.co.jpより)


天使と悪魔、対照的な存在ですが、実は同根?
ルシファーとミカエルの関係。
それぞれ対立する天使・悪魔が存在するゾロアスター教。
など、その存在は対照でありながら、
同じ事物・事象を表裏から統轄するような奇妙な関係。
なんとも不思議です。

何といっても目からウロコだったのは、
天使が生まれたわけ。
一神教の神があまりに崇高・絶対の存在であるがゆえに、
その言葉を人間に伝えるために天使が生まれる。
確かに、道教で神様がいっぱいいる中国、
八百万の神の日本には天使的な存在はいないですね。
アミニズムが支配的なところにも天使はいないのだろうか。

一方、普遍的なのが悪魔。
神の言葉を伝える必要がないところにも、
人を悪の道に誘う存在はいるわけで。
宗教・文明ごとのバリエーションがあるかと思えば、
あれ!?と思うほど似たものも。

神話、宗教の比較というのはやはり面白いテーマだな、と。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:ファンタジー小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/546-e09d232b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。