FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

外道忍法帖(by山田風太郎)
★★☆☆☆
著者:山田風太郎 出版社:河出書房新社(文庫)
定価:893円 出版年月:2005年4月

天正使節団がローマ法王より下賜された
百万エクーの金貨の行方を追って老中・松平伊豆守は
主家再興の望みを抱く天草忍者十五人を長崎へと送り込む。
一方、天下覆滅を狙う由比正雪も手飼いの甲賀忍者十五人を放っていた。
迎え撃つは大友忍法を身につけた十五人の童貞女。
その秘所に隠された鈴に金貨の在り処が―
かくて三つ巴の壮絶な死闘の幕はあがった。
(amazon.co.jpより)


異国情緒の長崎、
湯煙漂う別府、
そして雲仙。
北九州を舞台に縦横無尽の忍法合戦。
事の発端は、ジュリアン中浦が残した100万エクーの財宝。
天正遣欧使節団として、ローマ法王から贈られたもの。
彼は日本のキリシタンのため、
錬金術・異端の秘術を尽くし、ある場所にそれを封印。

その在り処を示すのは15個の鈴。
鈴が隠されたのは、なんと処女の女陰・・・

財宝を手に入れようという幕府、
それを横取ろうという由比正雪の一味、
財宝を守らんとする童貞女たち。
それぞれが人外魔道の忍法を駆使し、
おなじみ血みどろのバトルロワイヤルが。

おしむらくは人数が多すぎて、殆どの忍びがすぐに消えていくこと。

ただ、人間の想像力の限界に挑戦せん!
とばかりに繰り出される秘術の凄まじさ。
山彦、我喰らい、肉豆腐・・・
どれも必殺の忍法です。
そう、必殺の忍法がぶつかるゆえに、我も倒れ、人も倒れる。
あらかじめ結論の出ていること。
それなのに、技をぶつけ合い、蓄積される死。
これぞまさに外道のシステム。

こんな愚かな人間たちに下される神罰。
圧巻・仰天のラスト。
「しょうがない」なんて言っちゃあいけませんね。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト



テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/548-e01a1f1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する