ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒野に獣慟哭す(6)(by伊藤勢)
★★☆☆☆
著者:伊藤勢 出版社:講談社
定価:550円 出版年月:2007年8月

丹沢山中で繰り広げられる獣同士の戦い、
御門対法山。
その最中に現れたメッツァボック。
秘められた力と力がぶつかり合う日本篇クライマックス!!!
(表紙裏より)


6巻目にして、遂にテーマらしきものが・・・
それは、姿がどうであれ形はどうであれ、
自分は自分であるということ。

バイオ・テクノロジーにより、人の姿を失ってしまった独覚兵たち。
生体兵器となってしまったからこそ、
外形上、人でなくなってしまったからこそ、
必要になる人としてのアイデンティティ。

前巻のクビラ、本巻の御門、
いずれも物語を貫く、そのテーマに近づきつつあるよう。

そして、舞台はメキシコへ。
原作版では大味な感じがしたメキシコ編、マンガではどうなるのか。

残念なのは、薬師丸法山のキャラクター。
ある意味、本作の主人公とでも言うべき超絶の存在。
人間でありながら(あるがゆえに?)独覚兵すら凌駕する戦闘能力。
物理の法則を100%活用できるバケモノ。
アクション、法山の物理的な強さは良く表現されてます。
ただ、精神的な強さというか、
原作で主人公すら食ってしまった弩級の精神というか、
そういう人間的な魅力の部分はいまいち伝わらず。

ちょっともったいない。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/554-b8c4faa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。