FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

かげろう忍法帖(by山田風太郎)
★★★☆☆
著者:山田風太郎 出版社:講談社(文庫)
定価:660円 出版年月:1999年8月

太閤秀吉の愛妻・淀の方が秘所に潜ませた
歓喜をよぶ「楊貴妃の鈴」を浮気相手に盗まれた。
それを旅役者に化けた石川五右衛門が奪う。
一座の娘・織部は太閤の妾になる夜、
五右衛門を思い、そっと鈴を体内に……
大盗賊の悲哀を描く「忍者石川五右衛門」、
怪しげな敵討ちの「忍者車兵五郎」など怪異忍者出現の9短編。
(裏表紙より)


やはり、真に恐るべきは忍びの生き様・・・
淀殿の秘所に仕込まれた「楊貴妃の鈴」、
手に入れるのは石川五右衛門か、それとも関白秀次の刺客か・・・
甲賀の名門復活の見果てぬ野望と結ばれぬ男女の哀しさ、
「忍者石川五右衛門」。

朝倉家中で名門・土岐の流れを組む二人の男。
一人は、亡国の姫を守って暮らす美青年・土岐弥平次。
一人は、奇怪な忍法・人蟹を使う中年男・明智十兵衛。
二人の出遭いで始まる魔道譚は、
天正十年(1582年)のあの行動にまで続いていく、
「忍者明智十兵衛」。

家康の智嚢と謳われた本多正信。
黒子に徹し続けた徳川の闇宰相の秘密。
名利を捨て、主のために・・・
徳川の邪魔になる者、排除すべし。
大久保長安、大久保忠隣、そして・・・
後継者として名指しされた土井利勝の目から描く、幕閣忍法譚。
「忍者本多佐渡守」。

などなど、長編にしても足るような奇抜の構想群。
それを短編に凝縮しているのだから、密度は抜群。

忍びという生き様の地獄、修羅、
是非ご堪能あれ。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト



テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/555-8b477ade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する