ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凶笑面―蓮丈那智フィールドファイル<1>(by北森鴻)
評価:★★☆☆☆

著者:北森鴻 出版社:新潮社(文庫版あり)
文庫⇒定価:540円 出版年月:2003年1月

“異端の民俗学者”蓮丈那智。
彼女の研究室に一通の調査依頼が届いた。
ある寒村で死者が相次いでいるという。
それも禍々しい笑いを浮かべた木造りの「面」を、村人が手に入れてから―(表題作)。
暗き伝承は時を超えて甦り、封じられた怨念は新たな供物を求めて浮遊する…
那智の端正な顔立ちが妖しさを増す時、
怪事件の全貌が明らかになる。
本邦初、民俗学ミステリー。全五編。
(amazon.co.jpより)


職業は民俗学者、やってることは探偵。
その名は名探偵那智!
すごく器用な作品です。

異端で美貌の民俗学者・蓮丈那智&おとぼけ助手・ミクニ。
凸凹コンビが民俗学のフィールドワークで事件に遭遇、
那智のずば抜けた頭脳がそれを解決していく。

推理のポイントに地方の因習や、秘められた過去、秘仏が絡む。
しかも、「不帰屋」はじめ、トリックもよく練られてます。

ただ、面白い要素を計算し尽くして盛り込んでるのに、
何か物足りなさが残ります。。。

1巻だけでは、キャラクターの個性を深くつかみきれていないからでしょうか。

「税所コレクション」も気になるし、
シリーズ次作も読んでみよう。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/564-5c827dd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。