ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絹の筵旗-爆裂・正義なき上州一揆(by高橋直樹)
評価:★★☆☆☆
著者:高橋直樹 出版社:祥伝社
定価:1995円 出版年月:1999年7月

江戸爛熟の田沼時代。
絹市場の置かれた上州藤岡の町は、
江戸豪商の買付け先として、急速な発展を遂げた。
好景気に浮かれる藤岡に、突如、幕府より絹糸改会所設置の命令が下る。
財政難に苦しむ幕府の、運上金取り立ての一環と見えた改会所。
しかしその裏には、
絹市場を独占する絹宿衆と、その利権を狙う在郷商人との対立の構図が。
金と欲の絹宿・新井喜兵衛は、
改会所を撤廃に追いこむべく、危険な賭けに出る。
一揆だ。
領主不在の西上州、幕府政治の矛盾に隠された無法地帯に、
煽動された農民は蜂起する。
しかし一揆を指導する者たちの心はひとつにあらず。
博徒名主、アジテーターの修験者、剛力の百姓、
みな別々のゴールをめざし、
数万に膨れあがった一揆勢とともに絹街道を驀進していった…
注目の気鋭が従来の「百姓一揆」観を覆す、新感覚時代小説。
(amazon.co.jpより)


一揆、
食べる者が無くなった農民たちが怒り爆発!
というのが頭の中にあったイメージ。
しかし、
本作が描く一揆は、行き場の無い怒りの爆発、というより、
注意深く練られた経済的意図に裏付けられた実力行使・・・

江戸時代の上州、
小大名や旗本の領地ばかりで、警察力も年貢徴収力もそれほどありません。
そこにはびこるヤクザ者たちと、
絹という商品作物により発展した商人たち。

彼らが一揆の主役です。
人数の大部分を占める農民たちは煽られ、脅され、動くだけ。

金のためなら、力のためなら、手段も選ばず、
商人、ヤクザの貪欲さ。

一揆の中で家族を、友を失う農民の悲しさ。

結局、得をするのは誰なのか。
商人や、ヤクザのキャラクターにも味があり、
読み応えある作品です。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/569-92615063
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。