ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎の参議暗殺-明治暗殺秘史(by三好徹)
評価:★★★☆☆
著者:三好徹 出版社:実業之日本社
定価:1631円 出版年月:1996年8月

大久保利通、大隈重信、岩倉具視、そして板垣退助-
政府要人たちはなぜねらわれたのか。
歴史の裏側をえぐる傑作ロマン。
表題作のほか、明治期における暗殺事件を題材にした作品7編を収める。
(amazon.co.jpより)


テロル、暗殺、
生きていれば日本の歴史を変えたはずの男たちが・・・


大久保利通、森有礼、
命を落とさなければ確実に日本の歴史を変えていた男たち。
もしかしたら軍部の独走は、太平洋戦争は、無かったかもしれない。

板垣退助、
凶漢に襲われ歴史に残る名ゼリフをはいた男。

したたかに生き延びる岩倉具視や、二度暗殺され損なう大隈重信も面白い。

本作が興味深いのは、
明治の要人暗殺を淡々と書きつつ、
明治政治史上最大の事件「明治6年の政変」の実態に迫っているところ。
西郷はなぜ下野したのか。
そして、なぜ大久保や岩倉は命を狙われたのか。

ミステリ要素もあって、秋の夜長にぴったり。
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/572-2e26bb1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。