ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お腹召しませ(by浅田次郎)
評価:★★★☆☆
著者:浅田次郎 出版社:中央公論社(文庫版あり)
定価(文庫版):620円 出版年月:2008年9月

お家を守るため、
妻にも娘にも「お腹召しませ」とせっつかれる高津又兵衛が、
最後に下した決断は・・・
武士の本義が薄れた幕末維新期、
惑いながらもおのれを貫いた男たちの物語。
表題作ほか全六篇。
中央公論文芸賞・司馬遼太郎賞受賞。
(裏表紙)


武士道とは死ぬことと見つけたり!?







武士道
連想する言葉は、潔さ、切腹、プライド・・・

本書の短編は、いずれも武士道が廃れ、
ついには消え去りつつある幕末期が舞台。

侍は、切腹の作法も忘れ、
大名は、家に伝わる作法の意味を忘れる。

形式美が崩れ、意味を失う時代の中、
日常生活を破壊するような「事件」に侍たちが見出すのは。。。

武士道と人間の道、
どこまでが重なり合うのか。
そして、二つの道が重ならないとき、侍はどう生きるのか。

円熟味を増した著者の筆力もあって、
読み応えある短編集。
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/574-60fe5f88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。