ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖マッスル(byふくしま政美)
評価:★★★☆☆
著者:ふくしま政美(原作:宮崎淳) 出版社:ゴマブックス
定価:1890円 出版年月:2006年11月

神のごとき肉体と精神! 
想像を絶するスーパーヒーローここに誕生!
ある時、目覚めた美しい男。
しかし男は自分が何者かわからない。一体ここはどこなのか?
男は人間を探してさまよい、ある都市にたどり着いたが、
その都市は「人間」で作られており、人の姿はなかった…。
キング・オブ・カルト降臨!!
70年代肉弾劇画の最高峰、遂に復活!


まさに怪作!

      


冒頭、花畑で目覚める、すっぱだかの筋肉男。
名前も出自も分からない。
自分はどこから来たのか、どこへ行くのか。
まさにニュートラルの状態。

面白いのは、失われた記憶を取り戻すのではなく、
真っ白な自分を色で染め上げていくところ。

人が自分に色をつけるとすれば、
それはもう、他の人と接触し、コミュニケーションを持つことによるしかないわけで。

マッスルも、人間城城主、巨人王など、
ぶっ飛んだ人々(?)との交流を通じ、自分を定義していきます。

それにしても、一度見たら忘れられない筋肉描写、
セリフより絵で語るとばかりのダイナミックな構図。

まさに物議をかもす怪作。
とりあえず、一見しておく価値はあり。
スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/578-2f39501a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。