ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な少年(7)(by山下和美)
評価:★★★★☆
著者:山下和美 出版社:講談社
定価:760円 出版年月:2008年10月

孤独な日常にふと訪れた、数百万光年を越えた出会い。
突如霧の中に浮かびあがった街で
心を閉ざし続ける少年が望むもの。
世界を滅亡に導くかもしれない。そんな郵便配達者の決意と誇り。
ヨコハマ・リリィ。待ち続けた彼女から、少年が受け取るもの。
誰もが知ってる「あの人たち」が集うバー、エンドレス。
忘れたい、思い出したい。
20年の時を経て、女性の内に蘇る記憶。

何気ない日常。そこにこそ、人の生が輝いている。
少年がその曇りなき眼で見つめる時、
日常は奇跡の舞台へと変化する。
『天才 柳沢教授の生活』の山下和美が
人の織り成す奇跡を描くシリーズ、第7巻!
(裏表紙より)


ストレスフルな現代社会に欠かせぬ心のサプリ、
7服目☆







人間は不思議。
理に合わないこと、利に合わないことを平気でする。
それは何故なのか、
時空を超え、少年は探り続ける。。。

テーマに殆ど縛りがないゆえ、
ある意味、どんな展開もありえた『不思議な少年』。
でも、7巻目はこれまでとはちょっと違うテイストの話が多い気がする。

幼き日をすごした田舎の屋敷を、ボケた母と幼い娘と再訪する、
癒しの短編かと思いきや、
まさかまさかの衝撃の結末が待ち受ける、「ジェシィ・アダムス」

明らかに1914年サライェヴォで起こった「あの事件」にヒントを得つつ、
定年当日を迎えた郵便配達夫が無限に歩き続けることになった、
その理由とは・・・、「ペーター・ユルゲン」

そして、僕が一番驚かされたのは「会社員Ⅰ」
悩みを抱える物語の登場人物が訪れるバー、Endless。
白雪姫の母、シンデレラの姉たち・・・
ありそうな話だなと思っていたら、意外なオチが。。。
退店のやり取りがね、捻ってあって面白い。

仕事に、人間関係に、勉強に、
疲れた週末にぜひ★
スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/582-e805e192
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。