ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国( INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL)
評価:★★★☆☆
製作総指揮:ジョージ・ルーカスほか 製作年度:2008年
出演:ハリソン・フォード、マット・ウィリアムズ、レイ・ウィンストン、
ケイト・ブランシェットほか

1957年、大学で学生たちに考古学を教えているジョーンズ博士(ハリソン・フォード)は、
超常現象的なパワーが宿っているという秘宝“クリスタル・スカル”を求め、
相棒の若者マット・ウィリアムズ(シャイア・ラブーフ)とともに再び冒険の旅へと出る。
しかし、インディたちの前に、秘宝を付け狙うロシア軍が立ちはだかり……。
(yahoo映画より)


アーク、聖杯、
超自然の力を秘めた秘宝探しの大冒険!
日曜映画劇場等で何度も胸を躍らせました。
19年ぶりの新作、これは!
と思い映画館へ。







意外とインディは老けてない。
ぶん殴り合い、銃撃をかわすアクションのキレもなかなか。

ケイト・ブランシェットもそんなに気にならない。
「ジュニア」が出てきてもそんなに気にならない。

舞台が1950年代冷戦只中ということで、
敵役が宿敵ナチスでなくソ連なのも納得。

だけどもだけど、これは許せん!
と思ってしまったのがオチ。

今まで「彼ら」だけは出さなかったじゃん・・・
何百年も生きる老兵や、心臓抉り出す異教の王が出ても、
「彼ら」には触れなかったインディ・シリーズ。

水晶の髑髏ということで、もしや!?と思ったけど、悪い予感は的中。
「彼ら」を出さないスピルバーグ作品という整理だっただけに、
見終わったあとの違和感はかなりのもの。
ロシア女将校の最期もわけ分からんし。

さすがに、もう新作は出ないのかな・・・
スポンサーサイト

テーマ:SF - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/585-2cf4d9be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国

19年ぶりなんですねえ、小学生の頃、やはり素直にあのアドベンチャー感に憧れましたよ~~ 下手に若い設定などにはしないで年相応のインディとして復活したのは評価できるところ。 しかし残念ながら、もうこの手のアドベンチャーものを見慣れてしまったのか、昔のような...
[2008/11/07 22:35] いやいやえん

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。