ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(CHARLIE WILSON'S WAR)
評価:★★★☆☆
監督:マイク・ニコルズ 製作年度:2007年
出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンほか

酒と女が大好きだが信念もある下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は、
反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌ(ジュリア・ロバーツ)にパキスタンに行くことを薦められる。
現地に赴いたチャーリーは
ソ連軍の侵略から逃げる大量のアフガニスタンの難民たちの姿にショックを受け、
ソ連軍と戦うゲリラたちに武器を密輸してしまう。
(yahoo映画より)


シニカルな風味の効いたポリティカル・コメディー。





1980年代、アメリカから遠く離れたアフガニスタンではソ連の軍事介入が・・・
当時アフガニスタン問題にアメリカ政府がつけていた予算、
わずか500万ドル。

この予算を7年のうち10億ドルに膨らませ、
ろくな火器を持っていなかったイスラム戦士たちに
ヘリを撃墜できるスティンガー・ミサイルを渡したのがチャーリー・ウィルソン。
一人の下院議員です。

彼とともにソ連の足元をすくうプロジェクトを立ち上げた、
反共の女富豪、クセモノのCIA局員、
そして敵の敵は味方とばかりに支援してくるイスラエル。

彼らがいかにして予算を膨らませていったのか。
そして、予想だにしていなかった「落とし穴」とは。。。

最後の最後にブラックなユーモアが炸裂。
これも多面性をもつ歴史をひとつの観点から見ただけ、というべきでしょうが、
このユーモアのセンス、嫌いじゃないです。

スポンサーサイト

テーマ:映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/591-aac68f5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。