ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RED(18)(by村枝賢一)
★★★★★
著者:村枝賢一 出版社:講談社
定価:540円 出版年月:2005年7月

19世紀末、アメリカ西部。
日本を逃げ出したサムライ、伊衛郎は1人のインディアンと出会う。
彼の名は、レッド。
街の保安官バーンズの持つ
合衆国騎兵隊の階級章をレッドが見た夜、
慟哭と共に大殺戮が始まる──。
勝者の歴史に牙を剥く、叛骨の崖っぷちウエスタン、開幕!!
(amazon.co.jpより)


まさに大河マンガ。
一人のインディアンの復讐が巨大国家アメリカを揺るがす一大事に。。。
19世紀アメリカが舞台。
軍の特殊部隊ブルー小隊に自らの部族を皆殺しにされたレッドの復讐劇。

当初は小隊を一人ずつ屠っていくというストーリーだったが、
ブルーの野望が明らかになり、ナショナルワイドな陰謀劇に

青の猟兵にガードされたブルーとの対決を間近に控え、
レッドの復讐もいよいよクライマックス。

大統領クリーブランドの内意を受けた大統領警護隊が本格参戦。
激しさを増す戦い、次々に倒れていく仲間など、18巻も目が離せない展開。

レッド、伊衛郎、アンジーはもちろん、脇役たちも光る
18巻では、ムラサキとグレイかな。

天国でやっと一緒になれた両親の邪魔はできない。
だから自分は地獄へ行くって、グレイ・・・
ラストのセリフ、かっこよすぎ。

心の弱すぎるムラサキに巧みな剣の腕。
アンバランスが招く悲劇。
彼は赦しを得ることができたのか・・・

ずば抜けた構想力、ストーリーテリングの巧さ、絵の迫力、

どれをとってもマンガ史に残る名作の一つ。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/61-d6be0582
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。